So-net無料ブログ作成
検索選択

ノマドってそんなに良いのか? [フリーランス]


最近話題の「ノマド」。


フリーランス歴8年で、栃木東京を行ったり来たりして仕事をしているワタシも、

まあ・・・ノマドなんだろうなあ、と思うわけです。


「大企業でもいつ何があるかわからない時代、組織に頼らない新しい生き方をしよう。それがノマドだ」


そうなんだけど・・・

でもね。そんなに時代を先取りする生き方なのかな?  


自分自身を振り返って、何がいいのか悪いのか、少し考えてみました。




●フリーになって良かったこと 1 <時間が自分のものになる>


一番に思うのは、言い古されてることですが

時間が自由に使えることでしょう。


サラリーマン時代は、平日の時間はほとんど会社に奪われていました。

ワタシたちの業界は終電まで会社に居ることが珍しくないので、

平日の自分の時間なんて、寝る前の30分くらいのものです。


そんな、サラリーマンの時間的・物理的な制約から逃れることで

ライフスタイルを劇的に変えることができます。


「フリーなんだから当たり前」と言われるでしょうが、

これが、実際やってみると、ものすごい解放感で、開放的過ぎて不安になるぐらいです。


独立間もない頃は、平日の昼間にフラフラと買い物に行くと、

「こんなことしていて良いのかな・・」という罪悪感に苛まれるし、

気分転換に、仕事場のある住宅街を散歩していると、すれ違うおばちゃんの視線が妙に気になる。


1年目は、そんなに忙しくもないので

カフェでぼんやりしてたり、映画なんか観に行ったりしていると、

もう、気分は完全にアウトローです。

社会のワクからはみ出してしまったんだなあ・・・なんて、ちょっとブルーになったりしたものです。


幸い、いまではすっかり心も強くなり

平日でも、髪を切りに行くし、畑仕事もするし、昼寝もするし、旅行へも行く。


経済的によほど行き詰まらない限り、会社務めには戻れないと思います。



●よかったこと2  やりたくない仕事は、やらなくてOK! 


サラリーマンだったら、クライアントの仕事を断ることはなかなかできません。

いろいろ理由を付けて、他の人に押し付けてしまうこともできるとは思いますが、

社内的な立場もありますからね、イヤだと思っても、やらざるを得ない。


でも、フリーなら簡単に断れます。

「すみません! 来週までスケジュールがいっぱいなんです。申し訳ありません」と言えば、

クライアントにあまり悪い印象を与えずに断ることができます。

担当者によっては「オレがこんなに頼んでるのに!」なんてこともありますが、

たいていは「売れっ子ですねえ~」と言われて(イヤミ半分かもしれませんが)、

却って好印象を与える結果になったりするものです。


取引先の人に知られると非常にまずいのですが、ワタシはいつもこの方法で、

やりたくない仕事はお断りしています。


だって、やりたくないものは、やりたくないんですよ。

そこに理屈はありません。



●よかったこと3 収入アップ


フリーランスになると、サラリーマン時代に比べて収入は増えます。

ワタシの場合は大したことはありませんが、

それでも、最大2倍くらいになりました。


もちろん、年による変動はありますし、世の中の景気が自分の懐にダイレクトに跳ね返ってきます。

リーマンショック以後は、なかなか以前のような売上げを上げるのが難しくなってきて

昨年は、震災の影響で上半期はなんと! 過去最低を記録しました。


それでも、サラリーマン時代を下回ることはなく、

今年は、今のところは順調に推移しています。


子どもが二人もいるし、東京と栃木の二重生活でコストがかかるので

収入がアップしても、それほど余裕があるわけではありませんが・・・

メリットのひとつであることは間違いないと思います。



・・・と、長くなってしまったので、続きは次回にします。

次は、フリーランスをしていて感じるデメリットを紹介します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。